学校情報

東根市立第三中学校
〒999-3722
山形県東根市
大字泉郷乙1,922番地

TEL 0237(44)2120
FAX 0237(44)2834
E-mail:
hgsn3rd@cronos.ocn.ne.jp



  携帯電話用QRコード
 

学校経営の方針と重点

平成29年度 学校経営の方針と重点

 

東根市立第三中学校

 

 

1 学校教育目標  「自信と誇りを培う教育の推進」(3年次)

             ~感性と学力、そして感動~

2 めざす学校像  「活力に満ち、笑顔が輝く学校」(6年次)

 

3 めざす生徒像

(1)知性; めあてを持ち、自ら学ぶ生徒       (知)

(2)感性; 利他の心を持ち、自ら判断する生徒    (徳)

(3)品性; 調和のとれた体を持ち、自ら行動する生徒 (体)

 

4 めざす教師像

(1)生徒に寄り添い、自らを磨き、挑戦する教師       (学び続ける教師)

(2)組織の一員として互いに高め合い、発想を大事にする教師 (チーム三中の意識)

(3)教育公務員としての品位と誇りある教師         (「師表」たる教師)

 

5 経営方針

(1)第6次山形県教育振興計画の趣旨を踏まえた教育を推進する。

(2)第2期教育振興基本計画を踏まえた教育指導にあたる。

(3)生徒活動の活性化のための教育課程編成とその実践にあたる。

(4)学力向上のための授業改善と家庭学習の充実を図る。

(5)危機管理意識を高揚し、安心・安全な学校づくりに努める。

(6)学校・家庭・地域の連携を図り、地域全体で生徒を育成する気運を醸成する。

(7)小中連携の取組を校内研究に位置づけ、教科指導・生徒指導を進める。

(8)生徒の心身を育む部活動指導のあり方等を常に検討し実施していく。

 

6 経営の重点項目

(1)学力充実

  ①授業づくり (少人数の利点を生かした指導、体験・実感を重視した授業)

  ②学習サイクル(指導と評価の一体化、家庭学習の重視)

(2)生徒活動の活性化

  ①生徒会活動(社会性、創造性、ボランティア意識の育成)

  ②部活動  (心身の成長、愛校心の醸成)

  ③行事等  (駅伝、全校応援、合唱) 

 

 

7 教育指導の重点

(1)「探究型授業」づくりのための校内研修の実施(年間指導計画、授業研究会)

(2)「担任力」を育むOJT研修(「授業力」「特別支援教育力」「生徒指導力」)

(3)安全教育、安全指導の徹底

(4)特別活動指導、進路指導、部活動指導の充実

(5)道徳教育、総合的な学習の時間の充実

(6)特別支援教育の充実

(7)保護者、地域との連携・協力

 

8 小中連携の取組

(1)連携のねらい

    「めざす子ども像」をもとに、「いのち」「まなび」「地域」をつなぐ視点から、

小中の教職員が互いに理解、連携し、子どもの成長を育む実践を展開する。

(2)三中校区の小中連携のねらい

    知・徳・体が調和する豊かな人間の育成を目指し、小中学校の交流を進め、小学

校から中学校への緩やかで円滑な接続をめざす。

    小中連絡協議会の中で、9年間で育てる「まなびの基礎力」(小中連携による学

力基盤づくり)の実践に向けて、各部会で連携のあり方や取組の内容を検討する。

(3)校区で「めざす子ども像」

 『かしこく、たくましく、思いやりのある子ども』

(4)学力向上のための『まなびの基礎力』の育成

①連携の必要性

 ア 義務教育の目標10項目〔学校教育法第21条〕、学力の法制化「思考力、判断力、表現力、その他の能力〔学校教育法  第30条〕

 イ 一人一人の「学ぶために必要な力」の育成

     ○小中共通の継続指導

     ○早期の取組(下学年から上学年へ、小学校から中学校へ)

    ウ 連携の3つの視点(基礎学力、学習規律、家庭学習)

   ②小中連携のための具体物

    ア 「学びの心意気」(東根市共通):基礎学力を高める

    イ 「学習の約束」(校区共通)  :学習規律を高める

    ウ 「子どもの力を伸ばすための」共同アピール(PTAと連携)

                     :家庭学習習慣を高める

(5)メディアコントロール

   ①取組の確認とPTAとの連携

   ②実践計画の作成