学校情報

東根市立第三中学校
〒999-3722
山形県東根市
大字泉郷乙1,922番地

TEL 0237(44)2120
FAX 0237(44)2834
E-mail:
hgsn3rd@cronos.ocn.ne.jp



  携帯電話用QRコード
 

第三中学校校歌

校歌

 雄々しき水晶山の山容と色丹草の清純な容姿は、私たちの郷土の誇りであり、
また、生きるための指針として私たちの先輩は深く敬愛してきた。校歌の作者、
芳賀秀次郎先生は、そのことを敏感に察知して、三連の歌詞に昇華した。

 第一連では、私たちの郷土の風土が示す雄々しさ・たくましさを水晶山に託し、
強い意志とたくましい身体を持つ人間像を求めている。

 第二連では、そのたくましさや強さの中に清らかさ・はつらつさ・美しさが
なければならないと強調している。

 第三連では、私たちの祖先に支えられてきた郷土の歴史に誇りを持ち、
歴史を振り返ることでその上に新しい未来を望む気持ちを込めている。

 一・二・三連を通して、「ふるさと」という言葉を繰り返しているのは、
この言葉で歌詞全体を統一しようとしたからである。自分が生まれ育った
「郷土」への愛と「郷土」への責任を忘れてはいけないという願いが込められている。
 「栄えあれ」は、「われらが母校」をたたえる言葉であるとともに、
「ふるさと」をたたえる言葉でもある。「ふるさとよ、母校よ、栄えあれ」と
祈りにも似た気持ちを込めて歌い継がれてきたものである。

 

校章



 校章は、歌詞の精神そのものを表現している。
 図案の主体は色丹の花であり、その花びらの間に、水晶山に輝く
水晶を配置したものである。

 「色丹草」は、歯舞・色丹島だけに自生するとされてきたが、
神尾正男先生によって、柴倉山での自生が確認された。
 岩山の険しい所に咲いている野草で、俗臭を離れ、気高く・たくましく・清浄を
表すものとして、水晶とともに「たくましく」「清らかに」「はつらつと」という
三中生の志向を具体化したものである。