緊急連絡

現在、緊急の連絡はありません。
 

ログイン

今日の給食

感謝の気持ちで いただきます
今日の給食へ
 

読書のすゝめ

読書は人生100年時代を支える健康習慣
 

三中の四季

トップページに掲載した過去のトピックス
三中の四季
 

学校情報

東根市立第三中学校
〒999-3722
山形県東根市
大字泉郷乙1,922番地

TEL 0237(44)2120
FAX 0237(44)2834
E-mail:
hgsn3rd@cronos.ocn.ne.jp
 

学区の小学校のHP

9年間で育てる「まなびの基礎力」
東根市立東郷小学校HPへ
東根市立高崎小学校HPへ
 

カウンタ

COUNTER39625
三中の四季
トップページに掲載された過去のトピックスです
12345
2019/07/25

伝える、伝わる、わかる・・・そして、伸びる

| by 校長
 25日は授業参観日。2・3年生の授業では、これまで「総合的な学習」で学んできたことを、「自分たちの言葉で」発表する学習に取り組みました。しかも今回の発表は、保護者の方々を含めた大人数の前での発表ということもあり、事前に準備をしっかりと行いました(発表する姿は、緊張で少しカチカチだったかな?)。各学年とも、宿泊学習・職場体験学習・修学旅行など、校外学習でたくさんのことを学び、それらをまとめることによって、ひと回り成長できたことが感じ取れました。
 体験的な学習では「学びっぱなしにしない」「行ったきりにしない」ことがとても大切です。一人一人が体験した内容は違っても、なぜ楽しかったのか、なぜ嬉しかったのか、なぜ大変だったのかを、改めて考える「今の私」がとても大切なのだと思います。学校生活も一つの学期を終えます。各教科で学んだこと、部活動で学んだことなどについて、自分の考え方を自分の言葉で、周りの人に伝えたり自分自身に問い直したりできれば、来学期への良いつながりになると思います。保護者のみなさま、お忙しい中の来校、ありがとうございました。


12:21
2019/07/09

自分と未来は変えられる

| by 須藤
 今学期二回目の校長講話のテーマは「今から 今なら」。校長先生は、以前かかわった野球部の生徒の姿から、「自分を変える」ためには「失敗から学ぶことへの勇気を持つことである」とお話しくださいました。そして、この生徒とのかかわりあいの中で「成功」の反対は「失敗」ではなく、「何もしないでいること」「立ち止まってしまうこと」であることをお話しくださいました。これまでの自分を変えるには、それまでの自分と向き合う勇気と恐怖に打ち勝つ強さがなければなりません。その変わることそのものに時間がかかってしまう人もいるかもしれません。しかし、「変わらなければ!」と思い立ったことそのものに大切な意味があると思います。またそれは、これまでの自分を謙虚に振り返る「考える人」にしかできないものだと思います。
「過去は変えることはできない。他人を変えることは難しいかもしれない。でも自分と未来は変えられる。」という校長先生が心の支えとしている言葉も紹介されました。
 まもなく一学期も終わりに近づいた「今こそ」生徒の皆さんには、しっかりと自分を振り返って、「失敗をそのままにしない」という勇気と決断を持ってほしいと思います。今から、今なら十分間に合うのです。
            ”大きな壁にぶつかったとき、大切なことはただ一つ。
              ちゃんと壁の前でウロウロすることである。”      玄田  有史 

09:08
2019/07/02

早く咲かないかなぁ

| by 校長
 季節を感じさせてくれる草花はたくさんありますが、三中校区内ではやっぱりコスモスが咲くと季節の変わり目を感じるものです。梅雨特有の蒸し暑い空の下、全校生徒がコスモスの植栽に取り組みました。1年生は昨年度までお世話になった小学校前で、2年生は三中の敷地内で、3年生は多くの人が行きかう県道沿いで、それぞれ一生懸命作業しました。生徒の中にもこのコスモスの花々が咲くのを心待ちにしている人が多く、思い思いに丁寧に植栽に取り組む姿はとても美しいものでした。咲く花を思い、それを見る人々の笑顔を思いながら活動する姿に、私たち職員も嬉しくなりました。さて、コスモスには色ごとに花言葉が違うことをご存知でしょうか。赤は「調和」黄色は「自然の美しさへの感動」白は「純粋さ」黒は「変わらぬ思い出」というものです。景色として眺めるもよし、自分の植えた場所を愛でるのもよし。きれいな花が咲くことを心待ちにしています!きっと生徒たちの思いが、地域のみなさまにも届くことでしょう。
11:53
2019/06/19

よくぞ戦い抜いた!三中健児!

| by 校長
 思いを一つに、目標に向かって戦い抜いた地区総体が終わり、各部長が全校生に成果を報告しました。目標を達成できたこと、悔しかったこと、後輩たちへの思いなど、最後まで戦い抜いたからこその言葉があり、清々しい報告会でした。大切なことは「しっかりと為したことを振り返ること」です。今回はうまくいかなかったと思っている人は、それをどうすれば「次の一歩」につなげられるかを考えなければなりません。逆にうまくいったと思う人は、それが「本当のゴール」に向かうための道しるべの一つになるのです。
 どのような結果も、決して「失敗」「無駄」はないのだと思います。今こそ、これまでの歩みをより確かなものに、財産に、そして宝物にしていきましょう。三中生に「心の優勝旗」が輝きました。

13:26
2019/06/14

かっこいい!三中生!

| by 校長
 いよいよ待望の地区総体。壮行式が行われ、各部の目標や一人一人の決意を堂々と表現しました。バスケ部とバレー部は、部員不足のため昨秋の新人総体に出場できず、悔しい思いをしました。今回1年生のニューパワーを迎え入れ、待望の公式戦出場となります。試合ができる感謝の心を、しっかり表現しました。「かっこいい三中生」の姿に、目頭が熱くなりました。私は「一(いち)を大事に」というメッセージを送りました。最初の一歩、一本一本、次の一点、最後の一秒まで大事に、たとえ苦しい局面でも「決して一人ではない」ということも。どの部も「最後までかっこいい姿」を表現し続けることを望んでいます。そして、参加態度、応援、相手を尊重する心などで他校を圧倒し、これだけは一番だったという私たちだけの「心の優勝旗」を持ち帰ってきてほしいと願っています。保護者のみなさま、地域のみなさま、「かっこいい三中生」に温かい声援をお願いします。「たくましく・清らかに・はつらつと」戦え!三中生!

11:42
12345