緊急連絡

 新型コロナウイルス感染症にかかる、本校の対応について、HOME画面のお知らせにて随時掲載中です。ご覧ください。
 

ログイン

今日の給食

感謝の気持ちで いただきます
今日の給食へ
 

読書のすゝめ

読書は人生100年時代を支える健康習慣
 

三中の四季

トップページに掲載した過去のトピックス
三中の四季
 

学校情報

東根市立第三中学校
〒999-3722
山形県東根市
大字泉郷乙1,922番地

TEL 0237(44)2120
FAX 0237(44)2834
E-mail:
hgsn3rd@cronos.ocn.ne.jp
 

学区の小学校のHP

9年間で育てる「まなびの基礎力」
東根市立東郷小学校HPへ
東根市立高崎小学校HPへ
 

カウンタ

COUNTER81517
三中の四季
トップページに掲載された過去のトピックスです
12345
2020/03/16

私たちは幸せをつかみ取る! 令和最初の卒業生たち

| by 先生
令和最初の「第58回卒業証書授与式」が行われ、38人が母校を巣立ちました。
式ではに参列できない1・2年生からのメッセージを紹介する場をもち、卒業生に思いが伝わるようにしました。また、卒業生から保護者へ、感謝の手紙を手渡す時間もありました。保護者の方々の目には、大粒の涙が溢れました。
感染症予防の観点から、簡略化した式となりましたが、温かい空気が流れました。
38名の卒業生のみなさん。これからも「たくましく」「清らかに」「はつらつと」生き抜いてください。そして、夢を幸せを掴み取っていくのです。頑張れ三中卒業生!
保護者の皆様、私たち教職員に対しても、心温まる励ましの言葉をかけてくださり、ありがとうございました。
私たちはいつまでも、「38人のかっこいい勇者たち」を応援し続けます。

14:31
2020/03/11

9年目の日に 「日常への感謝」を

| by 先生
 決して忘れられない、忘れてはいけない日。
3年生が幼稚園や保育所を間もなく卒園・退所するころでした。
停電が続き、ろうそくの灯の中で、ようやく食事をとれた夜。便利さに囲まれて過ごしていた自分に気がついた夜。
あれから9年。未だに4万8千もの人が避難所生活を送っています。行方不明になっている方々もたくさんいます。まだまだ大きなつめ痕を残しています。

 三中生のみなさん。今日は「いのちのこと、防災のこと、当たり前のありがたさ、日常のありがたさ」などを考える日です。
感染症による不安や悔しさがつのる日々ですが、みなさんを思う家族や仲間がいて、温かいものを食べて・・・。ぜひ、健康で生きていることを噛みしめてほしいと思います。
私たちも14時46分に黙とうをささげます。みなさんもその時間に思いを届けてください。今ある「いのち」を精一杯輝かせることを誓いながら。校長




11:54
2020/03/07

3年生によるThank youプロジェクト

| by 先生
3年生が昇降口をピカピカにしてくれました。これまでの感謝の気持ちを込めて、サビのついたトレーを丁寧に磨きました。トレーとともに、自分の心を磨いているように見えました。
さすが3年生。この行動も「究める」活動のまとめなのですね。みなさんの思いを受け継いで、校舎を大事に使いながら、新入生たちとともに、三中をさらに磨き上げていきます。ありがとうございました。

12:46
2020/02/06

三中ってドキドキ・わくわく。「小6交流授業」

| by 校長
 もうすぐともに学び合う仲間となる東郷小・高崎小の6年生が、一足先に三中を訪れ授業体験を行いました。「中学生の授業って難しいのかな?」「小学校とどう違うのかな?」という期待感と少しの不安を抱いてやってきた6年生たち。まずは数学の授業です。小学校までの「算数」以上に、自分で分かったことをしっかりと書いたり、相手にわかるように伝える力が培われます。今回は、特に数字の歴史や意味について学び、自分の考えを伝え表現し合う学習をしました。真剣な表情と姿勢がとても清々しく、もうすぐ中学生になる意気込みが伝わってきました。
 次は体育の授業で「バスケットボール」を行いました。「みんなで楽しむ体育」から「考えて動き、より楽しむ体育」へ。ゴールをただ狙うのではなく「相手との距離感をつかむ」「声を出し手を挙げて積極的にかかわる」ことを体験しました。始めのうちは恥ずかしさから自分から動けなかった6年生でしたが、徐々に動き方をおぼえて、自分から声を出し動き出せるようになっていきました。そして、つながりが強くなっていくにつれ、いい笑顔と励ましの声があふれていきました。
 6年生の皆さん、中学校での時間はどうでしたか?本当の意味で楽しく、深く学ぶために必要なことは何なのか、新しい「仲間」「友」と一緒に学ぶ意味とは何なのか。中学の学びについて、ヒントを感じ取った時間になったように思います。4月から
皆さんとともに、三中で生活できることを楽しみにしています!

12:04
2020/01/22

「志」を立てた日

| by 先生

1月18日 2年生「立志式」】

武家社会の風習「元服」にあたる儀式、「立志式」を行いました。「『志』を立て、自分の将来に向けて、精神的な支えにしよう」と行う儀式。本校では、次のような目的で継続しています。
①将来の目標や夢、生き方について自分自身を見つめ考える機会としたい。
②「願いを込めた言葉や思い」を発表することで、自分の行動に責任を持ち、一生懸命立ち向かう姿勢を養いたい。

生徒たちは、これからの長い人生を見据えながら、自分の生きていく目的は何かを定めて、それを成し遂げる誓いを「支えとなる言葉」に乗せて発表しました。緊張しながら発表した「志」は、これからの大きな勇気となることでしょう。
 後段は「ひろなり家具」代表の佐藤弘成さんをお招きし「夢をカタチに」と題して、ご講演いただきました。「小さなステップで目標をもち、達成していく積み重ねこそ大切」というメッセージをいただき、自分らしい生き方、充実した将来のために、今後どうあるべきかを考える貴重な時間となりました。保護者のみなさまとともに、頼もしい生徒たちの姿に触れ、感激の一日となりました。
 ※山形新聞で取り上げていただきました。


13:39
12345