緊急連絡

現在、緊急の連絡はありません。
 

ログイン

今日の給食

感謝の気持ちで いただきます
今日の給食へ
 

読書のすゝめ

読書は人生100年時代を支える健康習慣
 

三中の四季

トップページに掲載した過去のトピックス
三中の四季
 

学校情報

東根市立第三中学校
〒999-3722
山形県東根市
大字泉郷乙1,922番地

TEL 0237(44)2120
FAX 0237(44)2834
E-mail:
hgsn3rd@cronos.ocn.ne.jp
 

学区の小学校のHP

9年間で育てる「まなびの基礎力」
東根市立東郷小学校HPへ
東根市立高崎小学校HPへ
 

カウンタ

COUNTER49404
三中の四季
トップページに掲載された過去のトピックスです
12345
2019/10/17new

清き一票を・・・

| by 校長
 「皆さんの清き一票を、よろしくお願いします!」新しい生徒会役員を目指す1・2年生の堂々とした演説が体育館に響き渡りました。演説する人も、それを聴く生徒の皆さんも、大なり小なり新しい自分たちの生活について真剣に考えることができた時間になったのではないでしょうか。投票箱や記載台も、実際に国政選挙等で使われるものを市役所からお借りし、本物の選挙を再現しました。先日のトピックにも書いた通り、リーダーは生徒の皆さんの思い・願いを代表するのが役目です。この選挙を通して、リーダーになった諸君は、ぜひ三中生全員の思いを代弁する人となる自覚と責任を感じてほしいと思います。そして、今日の真っ直ぐな眼差しを大事に、初心を忘れずに取り組んで下さい!「柿の実の赤きふるさと 栄えあれ 栄えあれ われらが母校♪」

15:03
2019/10/15

魂を込めて

| by 校長
 三中には多種多彩な才能の原石がキラキラと輝きを放っています。この度は北村山中学校総合文化祭ポスターに、本校の2年生滝口さくらさんの応募した作品が採用されました。本人にこの作品に込められた願いを聞いたところ、「中学生の私たちが持つ『文化』のイメージや溢れるアイディアと、新しく変わった元号『令和』の新鮮なイメージが融合したものになるようにしました。一つ一つのデザインにも深い意味を込めました。(砂時計には始まりと終わりを、鉛筆と消しゴムにはただ今の私を書き記すという表現をなどなど・・・)」とのことです。その願い通り、作品の中には中央のキャラクター(中学生をイメージ)が様々な芸術の中で感性を磨こうとする姿と、『令和』の二文字がバランスよくデザインされています。自分の「こころ」の中にあるイメージを表現することは、今までになかった自分に出逢う喜びにつながるものです。創作したさくらさんも、自分の新たな姿に出逢えたのではないでしょうか。素晴らしい作品、あふれる才能に、脱帽です! ※北村山中学校総合文化祭は11月15日(金)村山市民会館で行われます。三中の3年生による合唱発表などが予定されています。ポスターはその会場だけでなく、各中学校など多くの公共機関に掲示され、光り輝いています。


13:42
2019/10/11

三中の未来を任せたぞ!

| by 校長
 春・夏に咲いた花々が次の世代に種を残すように、生徒たちの暮らしの中にも様々な交代があります。10月初めの三中の朝は、次期生徒会役員立候補者の元気な声が校内に響き渡ります。これまで歴代の先輩方が残してくれた宝物や果たせなかった宿題を、次は1・2年生が引き継ぐ番です。リーダーになろうとする勇者たちよ、大切なことはこの三中という舞台で何を目指したいのかを、生徒会役員のメンバーだけでなく、生徒全員で共有することです。みんなの想いを代表するのがリーダーであり、「自分の思いを伝えるだけではうまくいかない」ということを学べるチャンスなのです。自分の「信念」と仲間たちからの「信頼」のバランスに気をつけながら、残りの選挙期間を有意義に過ごして下さい!みなさんの勇気と三中を思う心意気に大きな拍手を送ります。

10:12
2019/10/02

芋煮会に寄せて

| by 校長
 10月に入ってもこんなにも日差しが強いのは、三中生への激励でしょうか?今日は、楽しみにしていた全校生芋煮会です!各学年とも班ごとに食材担当・火起こし担当・味付け担当などの役割を決め、それぞれ思い思いに芋煮を作りました。同じ食材・道具を使っているにもかかわらず、食材の切り方や味付け、鍋の火加減や食材を投入するタイミングがちょっと違うだけでこんなにも様々な旨味になるものかと驚きました。生徒たちは、お互いの鍋を食べ歩き、そのことに気づきながらお互いの良さを伝えあっていました。班の仲間を思い、食べさせたい友達の顔を思い浮かべながら作る芋煮、いつも家庭で食べる芋煮と同じようでどこか違う。今日食べた味は、きっと生徒のみなさんにとって忘れられない味になったのではないでしょうか・・・三中ならではの温かい時間が流れた、すてきな一日となりました。

15:35
2019/10/01

構える

| by 須藤
 「練習を本番と思って、本気でやってみよ」自分自身、中学3年生ころに学校の先生に教えていただいた、今になっても胸に残っている言葉です。今日の校長講話の内容は、日々の学習をより意義深いものにするための「身と心の準備」についてです。校長先生が以前出逢った生徒の実体験をもとにした、具体的なお話しでした。皆さん一人一人が心の底から「幸せ(仕合せ)」に生きていくために学ぶのです。そして、自分の願いや思いを成し遂げる営みこそが毎日の生活であり、学校で学ぶ一時間一時間の大切な授業の積み重ねが将来の幸せにつながると信じています。その貴重な授業をただ受けるのでなく、何をどのように受けていくかという「構え」こそが本物の力につながっていくのです。そうすればやがて、何を正しいと思い、何を美しいと思うのかが分かってくることでしょう。
      この人生をかけて  かならず逢わなければならない
          ただひとりの人がいる
                それは  私自身     
                           廣瀬 杲 

09:24
12345