緊急連絡

現在、緊急の連絡はありません。
 

ログイン

今日の給食

感謝の気持ちで いただきます
今日の給食へ
 

読書のすゝめ

読書は人生100年時代を支える健康習慣
 

三中の四季

トップページに掲載した過去のトピックス
三中の四季
 

学校情報

東根市立第三中学校
〒999-3722
山形県東根市
大字泉郷乙1,922番地

TEL 0237(44)2120
FAX 0237(44)2834
E-mail:
hgsn3rd@cronos.ocn.ne.jp
 

学区の小学校のHP

9年間で育てる「まなびの基礎力」
東根市立東郷小学校HPへ
東根市立高崎小学校HPへ
 

カウンタ

COUNTER31816
今こそ読書
 NHKがのべ41万人ものデータをAIに分析させたところ、自分は健康だと答えた人だけに共通する唯一の生活習慣が読書!「本や雑誌を読む」だったのです!!番組では、日本で最も炭三健康寿命が長い山梨県が、人口当たりの図書館数が最も多く、戦後の早い時期から読書教育が盛んだったことも紹介されていました。読書は人生100年時代を支える健康習慣です。中学生までにしっかりした読書習慣を身につけましょう。ネットもいいけど、毎日10分間の読書を!
 このページでは本校の図書館にあるおすすめの本を紹介していきます。
 
読書のすゝめ
図書館だより 本の紹介
12345
2019/06/15

あの日、君と Girls

| by 髙橋ち
あの日、君とGirls

ナツイチ製作委員会 編

『エースナンバー』(P167)  著者 / 本多 孝好

高校時代ソフトボール部に所属していた私は、ある日の昼下
 がり人のまばらな駅前で、高校卒業以来会っていなかったソ
 フト部の監督と話をする。あの頃で一番記憶に残っている試
 合について・・・サキ先輩のお父さんの命日の練習試合のこ
 とだった。負けるわけにはいかない試合、エースとして、キ
 ャプテンとして、友人として抱えきれないほどのプレッシャ
 ーの中で、「アネゴ」は勝ちきった。
 7人の人気作家がこの1冊の為に描く短編作品集。『いつか、
             君へ  Girls』『 ~  Boys』シリーズもあります。


11:05
2019/06/06

2.43 清陰高校男子バレー部

| by 髙橋ち

著 者 / 壁井 ユカコ

福井の中学校・弱小男子バレー部に、東京の強豪校からワケ
 ありで転校してきた灰島が入部する。幼なじみの黒羽と再会
 し、エースコンビとして成長していくが、県大会で絶縁状態
 に・・・。やがて地元の清陰高校に2人共に進学する。まぶ
 しいくらいに純粋で真っ直ぐな青春物語。
 2.43は何の数字? 高校男子バレーの全国大会のネット
 の高さ2メートル43センチの事です。
 高校女子は2.24、中学女子は2.15です。


16:18
2019/05/31

走れ!T校バスケット部

| by 髙橋ち
走れ!T校バスケット部

 著 者 / 松崎 洋

 都立T校のバスケット部は、創部以来ほとんどの公式戦で、
 勝ったためしがない弱小チーム。どんなに弱小チームであっ
 ても、脈々と息づいている伝統、『和』の精神が垂れ幕の
 『和』の一文字に込められている。バスケットの名門H校か
 ら転校してきた陽一は、本当のバスケットの楽しさに触れた
 ような気がした。公式戦、私立A校との試合は72対71で
 悲願の一勝を挙げることができた。だが、新人戦後、部員の
 俊介が交通事故に遭い・・・シリーズ本あります。


14:35
2019/05/24

がんばっ!卓球部

| by 髙橋ち
がんばっ!卓球部

 著 者 / 横沢 彰

  絵   / 小松 良佳

   6月の市内大会で、亀が丘中学校の男子卓球部が、第1シー
 ドの優勝候補・西陵中学校と、激闘の団体戦を繰り広げる様
 子を描いています。団体レギュラーから外れてしまった部員
 に「団体戦はレギュラーばかりが戦うんじゃない。トレーナ
 ーとしてみんなの技術を高める役も、チームの大事な戦力な
 んだ」と顧問の沢田先生がかけた言葉で立ち直った事や、他
 校生からドン亀中と言われていたけれど、「やってみなけり
 ゃ、わからない」と気持ちを奮い立たせて試合にいどむ部員
            たち・・・シリーズ本もたくさんあります。


15:43
2019/05/17

心を整える。

| by 髙橋ち
心を整える。

著 者 / 長谷部 誠

 誰もが実践&応用できるメンタル術。心は鍛えるものではな
 く、整えるもの。いかなる時も安定した心を備えることが、
 常に力と結果を出せる秘訣。自分が未熟で弱い人間だと認識
 しているからこそ、『心を整える。』ことを重視している。
 ザッケローニ監督から「彼にキャプテンマークを渡したのは
 精神面、技術面でキャプテンの重責を担うのに最もふさわし
 いと考えているからだ」と言われた著者。サッカーの元日本
 代表キャプテンを務めた著者が27歳の時に書いた本です。
 地区中総体に向け、心を整えてみては・・・。


10:00
12345